So-net無料ブログ作成

夏に汗をかくと太る!?理由とオススメの対策方法 [ダイエット]

modelpress_1599473_0-enlarge.jpg
 「暑い日に外に出ると汗がダラダラ…」「暑くて食欲が出ない…」そんな状態になると、体重が減っているのではと期待したくなる人は多くいることでしょう。正解は間違い。むしろこのような状態になるほど太りやすくなってしまいます。今回はこの時期に起こりやすい夏太りの真実をご紹介します。

[ハート]汗をかいても体重は減らない

夏になると、外に出るだけで汗がダラダラ流れ不快な気分になりますが、汗が流れるだけダイエットに効果があると期待している人は多くいることでしょう。

しかし、実は汗をかいても体重は減らずむしろ太りやすくなってしまいます。

汗をかくとカロリーを消費していると感じるかもしれませんが、それは間違い。体温調節のために毛穴から汗を出し、体の表面を冷やそうとしているだけなのです。

[ハート]基礎代謝が下がり太りやすくなる

冬の場合、人は気温が下がるとエネルギーを燃焼させ体温を一定に維持しようと働くため、基礎代謝が高くなる傾向があります。

しかし、冬が終わり今度は気温が高くなると温度差が少なくなることからエネルギーを燃焼させる必要がなくなり、基礎代謝が低くなってしまうのです。

基礎代謝が低いのにも関わらず、冬の時期と同じ量、カロリーのものを食べてしまうとカロリーオーバーになり太りやすくなってしまいますよ。

[ハート]汗のかきすぎでビタミン不足に

また、暑さで汗をかきすぎると、体の脂肪の代謝を促す栄養素、ビタミンB1、B2 、B6、ミネラルが失われやすくなります。

しかもビタミンB1、B2、B6は水に溶けやすく体に蓄積されにくいビタミンなので要注意。

これらのビタミンが不足すると、脂質代謝に必要な栄養素が足りないため、太りやすい体質に変化してしまいます。




[ハート]汗をかいたあとの冷たいものがさらにデブ化を進行させる

たくさん汗をかけばかくほど、冷たいものが欲しくなりますよね。そのため、冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房が効いた部屋で体を冷やしたりしがちになってしまいます。

すると、外側だけでなく体の内側から冷やされ、代謝の低下に繋がってしまうのです。

さらに、自律神経も乱れることから体調が崩れやすくなるため注意が必要ですよ。

[ハート]ビタミン・ミネラル・カリウムを積極的に摂る

夏太りを避けるために、まずは汗で失われやすい栄養素をしっかり摂取していきましょう。

豚肉や納豆、レバーなどビタミンB群が多く含まれている食材や、海藻類などに含まれるミネラルを1日に1食は必ず食べるようにしたいですね。

また、むくみを解消する効果があるカリウムも積極的に摂取するのがおすすめです。

[ハート]体を動かして代謝を上げていく

どうしても夏になると基礎代謝が少なくなりがち。さらに、暑さで運動をするのが億劫になってしまいます。

しかしそのままでいると、どんどん太りやすくなるため少しでも体の内側から温めて代謝を上げていくことが重要ですよ。

そこで、体を軽く動かして代謝を上げていきましょう。日中で行うと熱中症や体調不良になりやすいため涼しい時間帯に行うのがオススメ。

また、湯船に浸かり体を温めると基礎代謝が上がりやすくなるだけでなく、むくみも改善されやすくなるので湯船に浸かる習慣を作ってみてくださいね。

いかがでしたか?

今回は夏太りの真実と対策方法をご紹介しました。

夏は気温が高いことから代謝が低くなりがち。その上、運動不足と栄養不足が重なり太りやすくなってしまいます。

この夏急激に太ってしまったという人はもしかしたら「汗」が原因なのかも。

ぜひ参考にして、夏太りを解消してくださいね。

引用:modelpress




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。