So-net無料ブログ作成

スプレーに乳液…塗り直しは何時間?「日焼け止め」効果が出る塗り方 [美容]

shutterstock_427818502-20160719132510.jpg
日差しが強い日が増えてきて、日焼け止めの購入を検討している人も多いかと思います。「SPFやPAが高いものを使っていれば安心」と思い込んでいる女性も少なくありませんが、選び方や使い方を間違えると、期待する効果が得られないどころか、肌荒れを招く可能性も……。

そこで今回は、エステ講師の経験を持ち、現在は美容ライターとして活動する筆者が、日焼け止めの種類と正しい塗り方についてご紹介します。



■日焼け止めはどのように紫外線から肌を守るの?

まず、肌を紫外線から守るために、日焼け止めで使用されているUVカット剤には大きく分けて以下の2種類が存在します。

【紫外線散乱剤】

紫外線をはね返す成分を使用し、紫外線を散乱させることで肌を守ることができます。塗ると白くなるような日焼け止めがこれにあたります。比較的肌への刺激が少なく、かぶれにくいというメリットもあります。

【紫外線吸収剤】

特殊な成分が紫外線を吸収することで、紫外線から肌を守ることができます。塗っても白くなりにくいというメリットがありますが、人によっては肌に刺激を感じることもあります。

日焼け止めにはこれら2つが配合されていたり、どちらかひとつが配合されていることが一般的です。これを踏まえ、店頭でよく見かける日焼け止めの特徴を見ていきましょう。






■乳液タイプ・ジェルタイプ・スプレータイプ…ピッタリなのはどれ?

日焼け止めと一言で言っても、最近は多くのタイプが存在します。店頭でよく見かけるのが乳白色の乳液タイプ、透明のジェルタイプ、スプレータイプなどです。それらは“紫外線から肌を守る”という目的は同じですが、使用感や使用されているUVカット剤が異なり、人によっては感じる肌への負担も異なります。

(1)乳液タイプ

一般的に多いタイプの日焼け止めがこの乳液タイプ。紫外線散乱剤、もしくは紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を組み合わせて作られているタイプです。肌にのせると白っぽく、しっかり伸ばさないと白浮きしてしまうこともありますが、比較的肌への刺激は少ないタイプとして知られています。

普段使いを推奨するタイプと、水や汗に強いウォータープルーフタイプが存在します。

(2)ジェル・ローションタイプ

最近は透明のジェルタイプ、ローションタイプの日焼け止めも増えてきました。乳液タイプと比べると、サラリとした使い心地で白浮きしないという特徴があります。ジェルやローションタイプの日焼け止めには紫外線散乱剤が配合しにくく、紫外線吸収剤が使用されていることも多いため、特に敏感肌の人は、肌に刺激を感じる場合もあります。

(3)スプレータイプ

どこでも手軽に使えるスプレータイプ。持ち運びも便利で、手が汚れないのが魅力的です。しかしながら、塗りムラができやすいという特徴もあるため、これ一本で使用するのではなく、乳液やジェル、ローションタイプと併用するのがおすすめ。

その他、最近はパウダータイプやミストタイプのものも販売されており、メイクの上から塗り直しができると評判です。



■SPFは高いものを選べば安心?

日焼け止めの効果を表す指標であるSPFとPA。それぞれの意味をおさらいしてみましょう。

【SPF】

紫外線の中でも皮膚を赤くさせたり、ヒリヒリさせたりする“肌表面へ作用する”UV-Bの防止効果を表すもの。

SPFは、紫外線を浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間を何倍にのばせるかを表しています。たとえば紫外線を浴びてから25分で皮膚が赤くなる人が、SPF20の日焼け止めを使用すると、赤くなるまでの時間を約20倍のばせるということです。(25分×20=500分・・・8時間以上)

【PA】

シワやたるみの原因となる“真皮にまで影響を及ぼす”UV-Aの防止効果を表すもの。PAは“+”の数でUV-Aの防止効果を表しています。短時間の買い物やお散歩の場合は++程度で十分。天気が良い日の屋外レジャーや、海やプールで遊ぶときは+++以上のものを選ぶと安心です。

これだけ見れば「SPF50・PA++++のものを使用すれば安心」と思いがちですが、そうとは限りません。紫外線の防止指数が高いものは、レジャーでの使用を視野に入れて作られているため、落ちにくいという特徴があります。日焼け止めを落とすためにお風呂でゴシゴシ擦ったりすると、肌ダメージを招いてしまいます。また、落とし残しが重なっていくことで肌トラブルの原因となる可能性も。

通勤や買い物程度の日に使うものと、休日の屋外レジャー時に使用する日焼け止めを使い分けるのもおすすめです。



■SPF50は塗り直し不要?肌をしっかり守るには塗り直しが必要

SPF50の日焼け止めは、単純計算すると8時間以上は効果が持続するということになります。

しかし、実際は汗や皮脂で落ちてきてしまったり、着ている洋服やバッグに擦れて落ちてしまったりすることもあります。また、日焼け止めは時間の経過とともに効果が減少してきてしまうため、塗り直しするのがおすすめ。

BBQや海やプールをはじめとした屋外レジャーで一日外にいる場合は、2~3時間に一回は塗り直しをするのがおすすめです。朝家を出る前に日焼け止めを塗って会社に出勤した場合、お昼休みで外出する場合も軽く塗り直すと安心です。

海やプールなど、日差しが強い場所では乳液タイプやジェルタイプでしっかりと塗り直しをし、通勤や買い物等、外にいる時間が長くない場合は、スプレータイプで手軽に塗り直しをするのもおすすめです。



以上、日焼け止めの種類と塗り方についてご紹介しました。これらを参考に、紫外線から肌をしっかり守ってくださいね。

引用:美レンジャー




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。